スポンサードリンク
スポンサードリンク

断食ダイエットとは

ダイエットを目的として断食が行われる場合には、カロリー摂取の制限が最大の理由です。蓄積された脂肪を燃焼させるため、低カロリー食に切り替えるダイエットは数多くあります。宗教行為やストライキ行動などで、決まった期間自主的に食を断つことが断食行為です。健康上の理由によっても水分以外の食事を摂らないでいる場合がありますが、健康回復を目的とした行為は絶食といいます。
宗教と断食が密接な関係にあることは一般的な知識であり、苦行や願掛けなどを目的として断食を行う宗教者がいたという事実もあります。キリスト教、ユダヤ教の中でも断食はあります。最も有名なものはイスラム教の断食であり、僧侶だけでなく一般の人々のも宗教行事として断食を行っています。宗教行為の一部として行われる断食は、ダイエットのためにするわけではありません。ものを食べたいという心を抑えることで精神をコントロール下に置くという精神の修行を目的としたものが、宗教的行為における断食といえるでしょう。
断食がダイエットを目的として行われる理由は、栄養を摂り入れなくなった体は、体の中のものを栄養に変えようとしる働きを持っているからです。摂取カロリーが0になれば、体内のどこからかエネルギー源をもってこなくてはなりません。体内のカロリーが足りない時には、脂肪が燃焼されそれに取って代わります。脂肪が燃えるように断食で摂取カロリーを断ち、効果的なダイエットをするという仕組みです。

 がまん不要!「自宅で簡単プチ断食ダイエットセット」送料・代引き手数料完全無料 【gw_m_fs】

断食ダイエットの方法

突き詰めていうなら、断食ダイエットとは区切られた期間内は食事をしないというダイエット方法です。食べ物を摂らないことでダイエットをするという非常に明瞭なダイエットですが、実行に移すとなると色々と大変なものがあります。
2日間の断食プログラムを組み、それを実践することで断食ダイエットは行われます。金曜日の夕ご飯から断食ダイエットへの移行メニューを開始し、日曜日の昼ごはんで普通食への回復メニューを食べ、土曜日に断食をするというプランが使われることもあります。いくつかの断食ダイエットのバリエーションがありますが、基本的な部分は大体同じであり、食べていい物が少々変わります。
ある断食ダイエットの方法は、金曜日の夜は腹6分目の食事で済ませます。土曜日は、水は飲んでも良いのですが、朝食を抜き、昼食と夕食はすまし汁で済ませます。日曜日の朝ご飯におかゆを摂取し、これで断食ダイエットは終了です。
粥やすまし汁ではなく、プレーンヨーグルト及び100%のフルーツジュースで行う断食ダイエットもあり、この時は金曜夜から日曜昼までをそれ以外のものを口にしません。断食のために下剤を用いるという断食ダイエットも存在しています。細かな差異は幾つかありますか断食の方法には何種類があり、基礎的な部分は似通っているようです。それは、水分以外は食事らしい食事はほとんど摂らずに、カロリーの摂取を極端に制限して、ダイエット効果を期待することです。

断食ダイエットの注意点

断食をするというととても大変なことのようですが、断食ダイエットの断食は実行不能なほど大変な行為にはならないようなメニューです。意志の強い人ならばダイエットに成功できるはずです。しかし、断食ダイエットを行うには細心の注意も必要です。一定期間の間食事をしなければ体重は確かに減りますが、断食ダイエットの注意点はのその後のことです。断食ダイエットによって痩身効果があったことに味をしめ、ずるずると断食期間を延ばしたりたびたび断食をするという方もいます。確かに、断食を行ったことでダイエット効果が確認できたなら、その時の感動ははかりしれません。ですが、さらなるダイエット効果を期待して、もっと痩せるために断食の期間を延ばしてしまわないように注意しましょう。
長期間の断食は体によくありません。断食ダイエットを何度も続けていると拒食症や過食症になったり、健康障害の原因になってしまいます。断食ダイエットでは、金曜日夕方から日曜日昼までの実質2日間より長く続けるようなプランも存在します。ですが、こういった長期の断食では断食ダイエット道場や断食センターのような専門の施設で、断食ダイエットの指導者の指示に従って行うものです。体のことを考えた場合、断食をいつまでも続けることはやめましょう。2日間程度の断食計画を立て、それに従って断食ダイエットを行うことが、自宅で行う時のポイントです。

断食ダイエット